【平間駅すぐの歯医者】最新の歯科治療/設備なら椿デンタルオフィス

〒211-0014 神奈川県川崎市中原区田尻町20-1 オークラ平間駅前ビル201【JR南武線 平間駅徒歩1分】

診療時間 10:00〜12:30 / 14:30〜19:30 ※ 休診日:水・日・祝

044-589-6480

【平間駅すぐの歯医者】最新の歯科治療/設備なら椿デンタルオフィス

044-589-6480  診療時間 10:00〜12:30 / 14:30〜19:30

椿デンタルオフィスの治療風景 椿デンタルオフィスの治療風景

虫歯治療

痛みに配慮した虫歯治療

椿デンタルオフィスの診療風景

椿デンタルオフィスの診療風景

虫歯とは?

「毎日歯ブラシをしているのにどうしてむし歯になるのか?」皆さんはそう思ったことはありませんか?

むし歯の原因には、「細菌(ミュータンス菌)」「糖質」「歯の質」の3つの要素があり、この要素が重なった時、時間の経過とともにむし歯が発生します。

原因1. 細菌(ミュータンス菌)

むし歯の原因となるミュータンス菌は、歯に付着して歯垢(プラーク)を作り食べ物に含まれる糖質を作って酸を作り出します。

その酸が、歯の成分となるカルシウムやリンを溶かし始めます。これを脱灰といいます。歯に歯垢(プラーク)が残ったままでいると、酸がさらに作られて脱灰が進行し、歯がもろくなりやがて穴があいてしまいます。

原因2. 糖質

食べ物に含まれている糖質(特に砂糖)は、ミュータンス菌が酸を作る材料となります。歯に穴があく手前の状態を「初期むし歯」と呼ばれています。この状態であればまだ修復することができます。

間食が多い人や、甘い物をよく摂取する人は歯の表面が酸にさらされる時間が長いため、むし歯になりやすくなります。

原因3. 歯の質

歯が形成される時の環境の違いなどで個人差がありますが、歯の質によってむし歯になりやすい人もいます。

特に乳歯や永久歯が生えたばかりのお子さまは注意が必要です。丈夫な歯を育てるためにはバランスの良い食事が重要になります。歯の土台を作る良質なタンパク質、再石灰化のための必要なカルシウムやリン。これらがうまく働くためにはビタミンなどの栄養素が必要です。

初期むし歯なら修復できる!!

歯に穴があく手前の状態は「初期むし歯」と呼ばれています。
この状態であれば再石灰化してまだ修復することができます。

「再石灰化」とはお口の中の唾液が、細菌の作りだした酸を中和し、溶け出したカルシウムやリンを歯の表面に戻す働きのことをいいます。この再石灰化を促進するのが「フッ素」です。

フッ素は、細菌の活動を抑える、溶けたエナメル質の修復、歯の質の強化など、むし歯予防に効果的な成分です。ご自身でのセルフケアでは、フッ素配合のハミガキ剤を使用し、歯科医院での定期メンテナンスでは高濃度フッ素塗布をすることをおすすめします。

むし歯は自然治癒で元の歯の状態に戻ることはありません。

歯の表面の変色やざらつきなどが気になったら、できるだけ早めに歯科医院に行くことをおすすめします。

痛みに対する配慮

当院では、電動麻酔器による、痛みの少ない麻酔を実現しています。

麻酔薬を注入するときの痛みや違和感は、薬を入れるときの速度や圧力が関係しています。
コンピューター制御された電動麻酔器は、注入時の圧力を一定に保っているので、麻酔注射時の痛みや違和感がほとんどありません。

痛みに対する配慮

また、針を刺したときの「チクッ」とした痛みが軽減するようあらかじめ患部に表面麻酔を塗布することにより感覚を鈍らせ、麻酔針は細い針を使用しています。

さらに麻酔薬を体温と同じ温度に保つことによって注入時の痛みが緩和するため、麻酔薬を温めております。

「治療するときの麻酔が苦手。」
「歯を削るときの痛みがなければ安心して通院できるのに。」

と言ったお言葉を耳にすることがあります。
痛みに強い不安をお持ちの方でも安心して治療を受けていただけるよう細心の注意を払い治療を行っております。

症状からみた虫歯治療

むし歯の進行状態によって治療方法が異なります。

C0:初期むし歯

虫歯_c1

歯に穴はあいていませんが、表面が溶かされて白く濁って見えたり茶色になったりします。

この段階では治療する必要はありませんが、再石灰化を促進するフッ素配合のハミガキ剤などを使用することをおすすめします。

C1:エナメル質内のむし歯

虫歯_c1

歯の表面のエナメル質が溶け始めた段階のむし歯です。

痛みなどの自覚症状がないため、ついつい放っておきがちです。

むし歯になっている部分だけを削り、プラスチックの白い詰め物を詰めて治療を終えるため1日で治療が完了します。

C2:象牙質に達したむし歯

虫歯_c2

エナメル質の内側の象牙質に達したものです。

冷たい物や甘い物を口にしたときにしみることがあります。

象牙質はエナメル質より軟らかい組織なので、むし歯の進行が速くなります。白い詰め物を詰めるか、むし歯の範囲によっては型取りをし、部分的な被せ物で修復します。部分的な被せ物は、約1週間後に装着することができます。

C3:神経に達したむし歯

虫歯_c3

虫歯がさらに大きく広がり、象牙質の内側の神経にまでむし歯が達したものです。

神経に細菌が進入し激しい痛みを伴うことがあり、神経が壊死していると膿が出たり歯茎が腫れたりすることがあります。 麻酔をして歯の神経や膿を取り除き、根の中を無菌状態にしたあと被せ物の治療を行います。

根の治療を中断してしまうと最も危険な結果になります。根の治療は繊細な治療を繰り返し、細菌が根の中で繁殖しないようにします。

しかし、途中で中断してしまうと炎症の悪化や被せ物などが合わない等のトラブルが起き、結果的に歯を残すことが出来なくなってしまいます。事情があってしばらく通院できない場合は、治療内容を考慮しますのでどうぞ遠慮なくお声をかけてください。

細菌によるダメージの状態によって治療の期間は異なります。根の治療を施した歯は、再び細菌に感染しやすいので再発を防ぐ上でも定期的なメンテナンスを心がけましょう。

C4:歯質が失われたむし歯

虫歯_c4

歯のほとんどが崩壊し、根だけが残っている状態です。

治療ができる歯質があれば根の治療を施して被せ物を装着しますが、治療が困難な場合は抜歯をすることとなります。

抜歯した部分は傷が治った後にブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。

 

「1本くらい歯が無くても食事に支障が無い。」
「抜いたのは奥歯だから見た目に影響は無い。」
などと、歯を抜いたまま放置していませんか?

1本でも歯を失うと様々な影響が出てきます。
抜いた両隣の歯が倒れてきたり、噛み合っていた歯が伸びてきたり、噛み合わせのバランスが崩れてきます。

食事の際に支障が出るほか、歯と歯の隙間が広がって食べかすが挟まりやすくむし歯や歯周病になりやすくなってしまいます。

さらに噛む力の低下により、胃腸に負担がかかってしまったり、脳への刺激も低下するため認知症のリスクも高まったりします。

歯を1本失うということは、お口の中だけでなく全身状態にも大きく影響します。


LINE@
【歯の予約はこちら】