【平間駅すぐの歯医者】最新の歯科治療/設備なら椿デンタルオフィス

〒211-0014 神奈川県川崎市中原区田尻町20-1 オークラ平間駅前ビル201【JR南武線 平間駅徒歩1分】

診療時間 10:00〜12:30 / 14:30〜19:30 ※ 休診日:水・日・祝

044-589-6480

【平間駅すぐの歯医者】最新の歯科治療/設備なら椿デンタルオフィス

044-589-6480  診療時間 10:00〜12:30 / 14:30〜19:30

椿デンタルオフィスの受付 椿デンタルオフィスの受付

セラミック治療

美しくしっかり噛めるセラミック治療

椿デンタルオフィスのセラミック治療

椿デンタルオフィスのセラミック治療

セラミック治療の補綴治療とは

セラミック(陶器)とは歯の詰め物やかぶせ物に使われる歯科材料です。
昔は金属やプラスチックが使われることがほとんどでしたが、最近ではセラミックを選択する方が増えてきています。

金属/プラスチックのデメリット

1. 見た目

・金属の色が目立つ
・古い差し歯などに金属が使われているとかぶせ物と歯茎の間が黒っぽく変色してしまう(金属がイオン化して溶けだしたり、隙間があくことで起こります)

 

2. 金属による体への影響を懸念して

金属は年月が経つと劣化し、イオン化により体が金属を吸収してしまうことでアレルギー症状がでることがあります。

 

3. プラスチックに関しては劣化に伴って変色、耐久性も低い

見た目は白いがプラスチックのため、年月がたつと変色し欠けやすく、定期的に取り換える必要があります。

セラミックが“選ばれるその理由”

椿デンタルオフィスのセラミック

ただ白いからという理由だけで選ばれているわけではありません。
・金属アレルギーの心配がない
・変色や黄ばみがない
・歯茎の変色が起きない
・耐久性に優れていて、擦り減ることがあまりない
・虫歯になりにくくなる(劣化による隙間ができにくいので虫歯のリスクが減る)
・治療の跡が分かりにくく、自然な色や形にできる(白さにも透明感のある白さであったり、色味が濃い白さであったり、幅が広い中で、患者様に合った色味、歯に近い白さを実現できる)

セラミックの“デメリット”

様々なメリットがある中でデメリットも存在します。

・ 種類によっては高価
・ 全体のかみ合わせの調整が必要な場合がある
・ 弾力がなく、噛み合わせが強い場所では割れやすい(こういった場合はマウスピースの使用をおすすめしています。)

セラミックの主な種類

オールセラミック


金属を一切使用していないので、最も天然の歯に近く、技工士がすべて手作りで作成する為、その細かい色調や透明感、形を再現することができます。そして汚れが付きにくいのも特徴の一つです。

金属に比べると強度が低くかみ合わせが強い歯では割れやすいという一面もあり、天然の歯よりも硬いのでかみ合わせる歯を傷つけてしまう可能性があります。

ジルコニア


オールセラミックの美しさと金属の強度を併せ持った素材といわれています。

強度や耐久性には優れていますが、透明感やツヤなどの審美性にはオールセラミックよりやや劣る部分があります。奥歯などの目立たない部分に使われることが多いです。医科では人工関節にも使われるほど、生体親和性(生体になじみ、適合する程度)が高いです。

メタルボンド


金属の周りにセラミックを貼り付けたかぶせ物の一種です。変色もせず、すべての歯の部分に適しています。汚れもつきにくく、衛生的です。

中身が金属なので強度が高いですが、その反面、透明感やツヤなどはオールセラミックよりも劣る部分があり、年数がたってくると中の金属が露出して歯肉の境目が黒く見えることもあります。

セレック

セラミックの詰め物、かぶせ物をコンピューター制御によって設計、製作するシステムのことを指します。3D画面上で詰め物、かぶせ物の設計、デザインを行い、切削機器がデータをもとにセラミックのブロックを削りだして制作します。

金属アレルギーの心配もなく、硬さも天然の歯と同等なので極端に摩耗することもありません。そしてかみ合う歯にも優しいのが特徴です。

デメリットとしては、色のバリエーションが乏しく、隣の歯との色が合わせづらい場合があったり、セラミック自体の特性として、衝撃には弱い点などが挙げられます。

e.max

透明感が高く、天然の歯と同じ色調を再現できるので、歯茎との境目が天然の歯と変わらずに自然で目立ちにくい仕上がりになります。

高い強度を持ちながら、天然の歯に近い摩耗性を持っているので、かみ合う歯にも優しいです。そして、天然の歯と分子レベルで接着するので、治療箇所の隙間から細菌や汚れが入りにくいのも特徴の一つとして挙げられます。

ジルコニアほど強度は強くはないので、奥歯やブリッジよりも審美性が求められる前歯に適していると言われています。

セラミック治療の補綴治療の流れ

1. カウンセリングと治療計画 

2. 虫歯状況により形を整える、その後、歯型の摂取、仮歯の装着 

3. 審美補綴の本歯を装着 

4. メインテナンス

歯科治療と金属アレルギーの関係

日本の保険適用の治療では部分的な銀歯、広範囲に及ぶ銀歯、ブリッジ、入れ歯などには色々な金属が使用されています。
最近日本でもなるべく金属を使わない材料が取り入れられていますが、欧米に比べると金属を使用している治療はまだまだ多いと思われます。

金属アレルギーといっても金や銀のような貴金属に反応してしまう人もいれば、亜鉛やスズのような非貴金属に反応してしまう人もいます。
金属アレルギーがあるからといって歯科治療で金属が一切使えなくなるわけではありません。
特にインプラントでは金属アレルギーを起こしにくいチタンを使っているため安心して治療を受けることができます。

金属アレルギーの症状 ・頬の粘膜がピリピリする
・アトピー性皮膚炎のような症状が現れる
・発疹
・口内炎が多発する
・歯茎が白っぽくなる

上記内容はほんの一部ですがその他様々な症状が出てくるのが金属アレルギーです。

中には髪の毛が抜けてくるという報告もありますのでとても恐ろしい疾患であることに間違いありません。
一度発症してしまうと完治は難しいと言われています。

歯科の場合口の中に金属を使用していることが多いため、その金属が唾液により微量ながら溶け出します。その溶けた金属が体内に蓄積されアレルギーを発症します。人によりどのくらいの量でアレルギーを発症するかは違うため、今発症していない人でもいつ発症するかはわからないのです。

また、検査してみると発症はしていないが実は金属アレルギーだったということもあるのです。


LINE@
【歯の予約はこちら】