【平間駅すぐの歯医者】最新の歯科治療/設備なら椿デンタルオフィス

〒211-0014 神奈川県川崎市中原区田尻町20-1 オークラ平間駅前ビル201【JR南武線 平間駅徒歩1分】

診療時間 10:00〜12:30 / 14:30〜19:30 ※ 休診日:水・日・祝

044-589-6480

【平間駅すぐの歯医者】最新の歯科治療/設備なら椿デンタルオフィス

044-589-6480  診療時間 10:00〜12:30 / 14:30〜19:30

椿デンタルオフィスのオペの様子 椿デンタルオフィスのオペの様子

インプラント

歯を失ってしまった方への治療法

椿デンタルオフィスのインプラント治療

椿デンタルオフィスのインプラント治療

インプラントとは?

歯を失う理由は人それぞれ違います。
また歯を失ってしまった後どのように治療するかもまた人により違います。

インプラント治療とは歯が失われた部分に人工の歯を埋入する治療のことです。

画像提供:CAMLOG Biotechnologies AG

人工の歯根を顎の骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を固定します。 入れ歯やブリッジと異なり隣の歯を削って負担をかけることもありませんし、自分の歯と同じような感覚で違和感なく噛むことができるようになります。

また、下顎の総入れ歯が不安定で動いてしまう方や、上顎の総入れ歯で口蓋が無いものを使用される場合などには、インプラントによって入れ歯を固定する方法も有効です。

インプラント治療が一般の人に適応されだしたのは1960年代以降のことです。 それ以降インプラント治療の技術は著しい進歩を遂げ、今もなお発展し続けています。

画像提供:CAMLOG Biotechnologies AG

 

インプラント治療のメリット・デメリット

当院ではインプラントをご検討されている患者様へメリット・デメリットをよく知っていただき、患者様一人ひとりに合わせた最善の治療をご提案します。

メリット ・固定式のため安定性がよく、自分の歯と近い感覚で食事ができる
・ブリッジのように周りの健康な歯を削る必要がない
・ブリッジは歯を失った部分を周りの歯で負担するが、インプラントはインプラント自体に負担がかかるため残っている周囲の歯を守ることができる
・審美性が良い
・ブリッジや入れ歯と比べ食べ物を噛み砕く能力が高い
・自分の歯と近い感覚で食事ができるので胃腸にも優しい
・セルフケアと定期検診により長期間安定する
デメリット ・インプラントを埋入する手術が必要
・全身状態により手術ができないことがある
・固いものを噛みすぎたり、歯ぎしり、食いしばりなどがある人はインプラントが壊れてしまうことがある
・喫煙者はタバコの影響により周囲の組織に悪影響を及ぼすため予後に影響される
・インプラントを維持するために適正な手入れ、定期検診が必要(ご自分の歯も同様です)
・ごく稀にアレルギーが起こる
・保険適用外

インプラント治療の流れ

1. 事前検査

椿デンタルオフィスのインプラント治療事前検査

インプラント治療を始める前には様々な検査が必要になります。
全身状態の問診、レントゲン撮影、CT撮影、口腔内検査などを行い、治療計画を立てます。

2. 治療準備〜治療開始

椿デンタルオフィスのインプラント治療

インプラント手術を行う前に、歯がある場合は歯周病の状態をチェックします。

歯周病が安定しておらず、お口の中が汚れている状態ではインプラントの手術は行うことができません。
お口の中が清潔で炎症がない状態であることが確認できたうえで治療を開始します。
当院では、インプラント手術を行う際に「サージカルガイド」を使用します。

インプラント埋入手術

局所麻酔を行い、歯を失った部位の歯茎を開き、顎の骨にインプラントを埋め込みます。

このインプラントが天然歯でいう「歯根」にあたります。
※ 顎の骨が少ないケースは手術前に骨を足す治療も加わります。

画像提供:CAMLOG Biotechnologies AG

インプラント埋入手術後

インプラントを埋入してから骨の状態にもよりますが、2ヶ月~3ヶ月、もしくはそれ以上期間をあけます。
手術後は、インプラントと骨が結合するまで待ちます。

画像提供:CAMLOG Biotechnologies AG

3. 人工歯の装着

インプラントと骨が結合した後インプラントの頭を出す治療を行います。

その後土台や被せ物の型取りなどをします。
この時一回目の手術の内容にもよりますが、埋入したインプラントが歯茎に覆われている状態であれば、そのインプラントの頭を出す手術が必要になります。

画像提供:CAMLOG Biotechnologies AG

型取り後

最終的な被せ物を装着する前に仮歯を置くことをお勧めします。

その理由としては被せ物の形、噛み合わせ、色などをすぐに完成させてしまうと、その後修正が難しくなることがあるためです。
まずは仮歯をお試しで使っていただき、問題がなければ最終的な被せ物を作成します。

できあがった最終的な被せ物を装着し、噛み合わせの調整を行い治療は終了です。

画像提供:CAMLOG Biotechnologies AG

※ 治療期間について
ケースにより様々ですが、インプラント手術~噛めるようになるまでの期間は約3ヶ月程かかります。
また、部位や状態によってはインプラント手術を行った当日に仮歯を装着することも可能です。

 

4. メインテナンス(検診)

椿デンタルオフィスのインプラント治療 メンテナンス

当院ではインプラント治療を行った患者様には術後、基本的に一年間毎月確認をさせていただいています。その理由はどのくらい患者様自身でケアができているかをチェックさせていただくためです。ご自分でのケアが上手な方はその間隔を伸ばしていきます。

どんな治療にも同じことが言えますが、治療が終わってからがスタートです。定期的なメンテナンスをすることでインプラントやその周りの歯を長持ちさせることができます。

インプラント治療のよくある質問

1. 歯が一本も無くてもインプラントは可能?

画像提供:CAMLOG Biotechnologies AG

歯が一本も無くても入れ歯の下にインプラントを使うこともできます。

入れ歯は歯茎の上に乗せて吸着させることで動きづらくさせますが、骨の量により安定度が左右してしまうことがあります。

しかしインプラントを使用することにより簡単に言うとスナップボタンのようになっているため、入れ歯とインプラントがしっかりと安定します。

また、ボタンのようになっているためご自身で少し力をかけると取り外しが可能です。

画像提供:CAMLOG Biotechnologies AG

2. サージカルガイドとは?

インプラント手術を行う際術者が気をつけなくてはいけないことは、埋入する部位の近くの骨の中に走行している神経、血管にまず注意しなくてはいけません。骨に穴をあける治療では専用のドリルを使用し穴の深さをコントロールすることは可能です。

しかし角度のコントロールは難しく、術者の技術と経験に左右されることがあります。
そのような感覚だけに頼らず、当医院ではインプラント手術の精度を向上させるためにサージカルガイドを導入してインプラント手術を行っています。

サージカルガイドとは見た目はマウスピースのようなものです。
歯の型取り、CT撮影等をすることで作成できます。
このサージカルガイドにどこにどの角度で、どの深さで埋入するかを分析し手術前に作成しておきます。

手術当日はそのサージカルガイドを使用し、ガイド通りに埋入することで精度を向上させるだけでなく安全に手術を行えます。サージカルガイドを使用することでピンポイントで埋入することができるため腫れや痛み、出血を少なくすることができます。

3. 金属アレルギーの人でもインプラントは可能?

現在インプラントの素材には主にチタンが使われています。
チタンは人工関節にも使われている金属で、人体との親和性が高く、アレルギーを起こしにくい金属と言えます。

しかし、もしチタンアレルギーの方にインプラントを入れた場合はインプラントが抜けてきます。
チタンアレルギーの疑いがある場合はパッチテストなどで調べる必要があります。

歯科治療と金属アレルギーの関係

日本の保険適用の治療では部分的な銀歯、広範囲に及ぶ銀歯、ブリッジ、入れ歯などには色々な金属が使用されています。
最近日本でもなるべく金属を使わない材料が取り入れられていますが、欧米に比べると金属を使用している治療はまだまだ多いと思われます。

金属アレルギーといっても金や銀のような貴金属に反応してしまう人もいれば、亜鉛やスズのような非貴金属に反応してしまう人もいます。
金属アレルギーがあるからといって歯科治療で金属が一切使えなくなるわけではありません。
特にインプラントでは金属アレルギーを起こしにくいチタンを使っているため安心して治療を受けることができます。

金属アレルギーの症状 ・頬の粘膜がピリピリする
・アトピー性皮膚炎のような症状が現れる
・発疹
・口内炎が多発する
・歯茎が白っぽくなる

上記内容はほんの一部ですがその他様々な症状が出てくるのが金属アレルギーです。

中には髪の毛が抜けてくるという報告もありますのでとても恐ろしい疾患であることに間違いありません。
一度発症してしまうと完治は難しいと言われています。

歯科の場合口の中に金属を使用していることが多いため、その金属が唾液により微量ながら溶け出します。その溶けた金属が体内に蓄積されアレルギーを発症します。人によりどのくらいの量でアレルギーを発症するかは違うため、今発症していない人でもいつ発症するかはわからないのです。

また、検査してみると発症はしていないが実は金属アレルギーだったということもあるのです。

4. 自分の顎は骨が痩せてしまっているけどインプラントは可能?

インプラントは顎の骨に人工の歯を埋入する治療のため、インプラント治療をするにあたって骨の量や質というのはとても重要になってきます。
もし骨の量が足りない場合は、人工の骨を足す治療を加えたり、ご自分の骨を移植することで骨の量を増やしインプラント治療を行います。


LINE@
【歯の予約はこちら】