【平間駅すぐの歯医者】最新の歯科治療/設備なら椿デンタルオフィス

〒211-0014 神奈川県川崎市中原区田尻町20-1 オークラ平間駅前ビル201【JR南武線 平間駅徒歩1分】

診療時間 10:00〜12:30 / 14:30〜19:30 ※ 休診日:水・日・祝

044-589-6480

【平間駅すぐの歯医者】最新の歯科治療/設備なら椿デンタルオフィス

044-589-6480  診療時間 10:00〜12:30 / 14:30〜19:30

椿デンタルオフィスの看板 椿デンタルオフィスの看板

小児歯科

大切なお子様の歯を守るためにできること

椿デンタルオフィスの小児歯科

椿デンタルオフィスの小児歯科

当院の小児歯科

子供の時から歯の大切さを学ぶことによって、大人になっても歯を大切にする習慣が身につきます。
痛くない治療を心がけている小児歯科では、お子様になるべく痛い思いをさせないことが重要と考えています。

お子様が歯の治療で痛い経験をすると生涯「歯医者嫌い」になってしまい、大人になってからも、歯や口に問題が起きた時に重症化するまで放置するようになってしまうからです。

子供の歯は大人になった時の歯並びに大きく影響します。

早くに乳歯を失うことで顎の成長、歯並びに大きく影響を与え、将来外科的な矯正治療が必要になってしまうこともあります。
当院はむし歯だけでなく、予防処置・歯並びもみていきます。

乳歯の生える時期

乳歯は生後6カ月頃から生え始め、2~3歳までに上下合わせて20本生えそろいます。

初めに生えてくるのは下の前歯が一般的です。下の前歯、上の前歯の順で前歯4本が出そろいます。前歯が出そろうと1歳半頃から乳歯の奥歯が生えはじめ、2歳頃には乳歯の犬歯が生え、3歳頃になると乳歯の最後の奥歯が生えてきます。だいたい3歳頃までには20本の乳歯すべて生えそろいます。

6歳頃から乳歯から永久歯に生えかわりがはじまり、6~12歳頃の間に永久歯に生えかわります。

歯の生える時期や順番は体の成長と同じように個人差があり、6~7カ月のずれなら心配いりません。

 

乳歯の役割

乳歯は永久歯に生え変わるまでとても重要な役割を担っています。第一に食べ物を噛むことです。

しっかり噛むことで栄養分の吸収、噛むことで顎の発達を助け、顔の形や永久歯の歯並びに関係します。そしてこの時期は、いろいろな言葉を覚えていく時期でもあるため、正しい発音をするうえでも乳歯は大きな役割を担っています。

乳歯がむし歯になり、本来自然に抜ける年齢よりも早く歯が抜けたり、あるいは歯を抜かなければいけない状況になってしまったりすることがあります。そうなると顎の骨が正しく成長せず、永久歯の生えるスペースが狭くなり、本来生えるところとは違うところから生えてきてしまいます。

また、早期に抜けてしまってできたスペースに後ろの歯が倒れこみ、歯並びが悪くなる原因にもなります。「乳歯はいずれ永久歯に生え変わるから大丈夫」というわけではなく、乳歯から大切にすることが将来のお口の健康に繋がるのです。

 

なぜ乳歯は虫歯になりやすいのか?

原因1. 歯の質

乳歯は、永久歯に比べ厚みが薄く歯の硬さも軟らかいので、むし歯になりやすく、進行も早いのが特徴です。
むし歯を放置したままにしてしまうと、簡単に歯の神経までむし歯が達してしまい、根の治療になってしまうこともあります。

また、根の先に病巣(膿)がある場合、永久歯の歯の質にも影響することがあります。むし歯にならないために、乳歯からむし歯予防する必要があります。

原因2. 糖質

哺乳瓶でミルクやジュースを与えたりお菓子を与えたりすることが多いと、口の中に糖がある状態が長くなり、酸性の状態が続き、むし歯のリスクが高まります。

しかし、甘いものを絶対に与えてはいけないというわけではありません。糖分は熱分になりお子様の成長にも必要です。大切なのは食べさせ方です。欲しがるたびに与えてしまうと十分に食事が摂れなくなってしまいます。

むし歯になりにくい甘味料(キシリトール)を使ったものを選んだり果物や野菜などの栄養面でもすぐれたおやつを用意したり、ダラダラと食べ続けず、時間・回数・量は決めることをおすすめします。また、食べ終わったら歯を磨いたり、お水やお茶を飲んだりしてお口の中を清潔に保つ習慣を身に着けることから始めましょう。

原因3. 歯磨き

乳歯が生えてくる8カ月頃が歯磨きをスタートするタイミングです。始めは歯ブラシになれることが大事です。歯磨き習慣ができることを目指しましょう。

乳歯は歯と歯の間にものがはさまりやすく、歯並びがでこぼこしていてうまく歯磨きがしにくいのが特徴です。幼児は大人に比べると手先が不器用で、頑張っていても磨き残しがあるのは仕方ありません。こうした磨き残しを防ぎ健康な歯を保つために「仕上げ磨き」を行うことが大切です。お子様に正しい歯磨き方法を教えてあげられること、毎日お子様の歯を見ることによってむし歯の兆候や歯並びなど早めに歯科医院に相談した方がいいこともわかります。

小児歯科のむし歯予防対策

正しい知識で子供を虫歯から守ってあげることが大切です。

対策1. フッ素の塗布

椿デンタルオフィスの虫歯菌

フッ素とは自然界にも広く分布している自然元素の一つで、毎日の食事を通して私たちの体に摂取されているものです。お茶や・海藻・魚介類などの食品に比較的多く含まれている「歯を丈夫にする」栄養素です。

フッ素には歯の質を強くし、むし歯菌の働きを抑える効果があります。
フッ素を定期的に歯の表面に塗布することで、むし歯になりにくい歯を育てます。

「フッ素塗布はいつから始めたらいいの?」

フッ素の塗布は上下4本ずつ(8本)歯が生えそろった1歳前後から塗布することができます。

乳歯でも永久歯でも生えてすぐの歯は、フッ素を取り込みやすいのでこの時期に塗布することで丈夫な歯に成長します。

 

対策2. シーラント処置

歯には複雑な溝があり、特に奥歯は歯磨きをしても汚れを完全に取り除くのが困難です。

そこで溝の中にむし歯菌が入り込まないように、溝の部分をプラスチックで塞いでむし歯を予防します。シーラントは噛み合わせの部分をむし歯予防するため、それ以外の歯と歯の間などには効果がありません。

シーラントをしたからといって歯のケアをしなくてもむし歯にならないわけではないので注意が必要です。


LINE@
【歯の予約はこちら】